2008年08月31日

気まぐれツーリングIN利尻島♪(1日目)

rishiri 136.JPG
今日は今期13回目の気まぐれツーリング〜るんるん
今回は北の離島、利尻での温泉&美食ソロツーです〜φ(*゜▽゜*)ψ

rishiri 003.JPG
本日の出発は朝の4時半過ぎ時計
外はまだ暗いですあせあせ(飛び散る汗)

rishiri 007.JPG
最初の休憩地は増毛駅駐車場
少々雲が多い気がしますが本日も好天〜晴れ

rishiri 008.JPG
順調に北上し天塩の道の駅で小休止駐車場
いつもならこの後は天塩詣で!であの場所に行くのですが詣では明日の楽しみに取っておくこととして、更に北上ダッシュ(走り出すさま)

rishiri 019.JPG
これから行く利尻富士とオトンルイの風車に挟まれた快適ロード目
コン太はここでワープ速度にダッシュ(走り出すさま)(笑)

rishiri 018.JPG
あっ!と言う間に稚内フェリーターミナルに到着〜駐車場
見上げた空は雲1つない快晴の青空晴れ晴れ晴れ

rishiri 022.JPG
走る・休む・食べる!が基本の気まぐれツーexclamation
なのに、朝から何も食べずに稚内に来た私ふらふら
今日最初の食事を稚内港を見下ろしながらいただきますわーい(嬉しい顔)

rishiri 028.JPG
私とコン太を利尻へと運んでくれるフェリーがやってきました船

syaryoukouban.JPG
バイクはフェリー乗船順序が常に1番手(チョキ)
でも・・・
今回のフェリーでは狭く凸凹している車両甲板の中をUターンで指定場所に停めねばならず、へっぽこライダーの私が旅の中で1番緊張する瞬間ですあせあせ(飛び散る汗)

rishiri 033.JPG
稚内港より離岸船
行ってきま〜す(〃⌒0⌒)/~~

航行時間は1時間40分と短い船旅・・

rishiri 038.JPG
利尻島に近づきシンボルの利尻富士もその雄大な姿で私の来島を今か今かとお待ちかねexclamation&question(笑)

rishiri 039.JPG
利尻島の隣にある礼文島もすぐ近くに見えてきました目
来年はそちらにも行きますから、待っててくださいね〜

rishirikou 001.JPG
利尻島に到着〜るんるん
え〜とここは北の離島ですよね・・なんで、こんなに暑いの・・(;゜▽゜A``
平成最強の晴れ男を自負する私(* ̄^ ̄)ですが、相変わらず気温調整はできませんあせあせ(飛び散る汗)

さぁ〜て、初利尻島!時計回りで観光ツーリング開始しまーすダッシュ(走り出すさま)

rishiri 051.JPG
まず最初は、姫沼目
鴛泊フェリーターミナルから約5km、原生林に囲まれた周囲1kmほどの静かな沼です。
沼と利尻富士がコンビネーションがとても素晴らしい。
沼の水自体はきれいとは言い難いですが、全体的な景観がよいためそれ程マイナス要因にはなっていないかな。
30分ほどで回れる遊歩道があり、野鳥の囀りを聞きながら散策することができます。

(私は回りませんでしたが(笑))

rishiri 050.JPG
姫沼湧水目
えっ、こんだけ!
看板を見て行ってみたのですが、行かなくてもよかったかも・・ふらふら

rishiri 053.JPG
利尻島最大の湖沼 オタトマリ沼目
「白い恋人」のパッケージ写真はここから撮影したものらしいですねカメラ

rishiri 056.JPG
仙法志御崎公園から見る利尻富士目
利尻島最南端の岬である仙法志御崎公園は利尻山が噴火した時の海に流れ込んでできた奇岩・奇石が多々存在し、利尻山のもっとも猛々しい姿を見ることができる場所。
利尻富士のポスターにはここから撮影された写真が多く使われているそうです。

(上の2枚の写真は我ながら頑張って撮ったんですが、私の腕では港等で貼られているようなポスターのように撮るのはまだまだ至難の業ですね〜)

rishiri 061.JPG
道道105号線沿いにある麗峰湧水目
雄大で麗しき峰(やま)利尻山からの恵みの水として名付けられた「麗峰湧水」。
この湧水は、名峰利尻山に降った雨水や雪解け水が山体を浸透して、30年余りの長い年月を経て湧き出しているそうです。
自然のろ過装置ともいえる山体を通り抜けているので清潔でおいしい冷水。

京極の吹き出し名水とどっちが美味しいかな〜

rishiri 066.JPG
北のいつくしま宮目
弁天宮は、その昔、嵐で岩に打ち砕かれそうになった弁財船を弁天様が救い、そのご加護に感謝した海の男たちがこの弁天宮を建てたといういわれのあるお宮です。
似たような宮が先日行った奥尻島にもありましたが、個人的には奥尻の宮の方が感動したかな。
(でも、こういった宮は神社仏閣好きの私には好きな場所ではあります。)


奥尻島と同じく利尻島にも様々な奇岩があります。例えば↓↓↓

rishiri 070.JPG
寝熊の岩目
寝熊の岩は文字どおり大きな熊が寝っ転がっているように見えます。
rishiri 074.JPG
人面岩目
人面岩は人の横顔に見えることから名づけられたそうです。
ま、どちらの奇岩もそんなにオオオオって感は少ないかもしれませんあせあせ(飛び散る汗)

が、しかし・・・

rishiri 102.JPG
やっぱ、この辺りの海はすんごくきれいですね目るんるん

さて、きれいな海を眺めながら一気に今宵の宿へ!行く前に・・・

rishiri 091.JPG
本日の最終観光ポイント 見返台園地展望台にやってきました目
利尻山の5合目(標高約500m)にある展望台です。
(この展望台の駐車場に来るまでに、本当にこの道?てな細い道を道道から約5キロほど走ります。)
駐車場からはロープ付きの階段を100段!えっちらおっちら登ると展望台があり、頂上を間近に望め、礼文島、沓形市街・日本海を一望することができます。


rishiri 089.JPG

rishiri 090.JPG
28段目から見下ろした駐車場目
この地点で既に私はバテバテです・・・あせあせ(飛び散る汗)

残る力を振り絞ってようやく残りの72段を登り切り・・・

rishiri 079.JPG
やっと展望台に到着しました〜わーい(嬉しい顔)

そして、そこで見た景色が・・・

rishiri 084.JPG
パノラマでお見せできないのが残念たらーっ(汗)
でも、本当に素晴らしい眺めでした目るんるん
しかし・・・
登りも辛かったですが、下りはもっときつかった・・・ふらふら

touchaku.JPG
さて、本日の宿 アイランド イン リシリに到着ですホテル
コン太が駐車場に入るや否やホテルマンの方が見えて、「もし、ご希望でしたらバイクを倉庫に入れる事も可能です」とのお言葉。
でも、今回は天候もよさそうだし、正面玄関前のこの駐車場にそのまま停めることに。
(けっして、もうコン太を動かす余力が残ってなかったわけではないですよ・・・あせあせ(飛び散る汗)

rishiri 095.JPG
最上階の部屋は一人ではもったいない程広いツインルーム目
(ほんと、もったいない・・・・たらーっ(汗)(笑))

rishiri 104.JPG
窓からは礼文島や夕陽を眺める事ができますかわいい

では、食事の前に温泉タイムといきますかダッシュ(走り出すさま)

15040030000655480[1].jpg 15040030000655490[1].jpg
利尻天然温泉・地下水昆布風呂・利尻名水露天風呂いい気分(温泉)
このホテルでは3種の湯が楽しめまするんるん

ゆったりのんびりと湯につかった後は、もちろん・・・

rishiri 128.JPG
待望の夕食ターイムレストランるんるん
何やら達筆な字で今宵の宴の品々が書かれております目

rishiri 113.JPG
ウニの土瓶蒸し、ガヤの煮物が美味しかった〜わーい(嬉しい顔)

rishiri 126.JPG
ソイのお刺身、バフンウニ(写真撮る前にご飯に乗せて食べてしまったあせあせ(飛び散る汗))も美味しかったし、ウニ茶碗蒸しはウニが山盛りるんるん

rishiri 127.JPG
デザートを出すタイミングが遅かったと係りの方がお詫びに生ビールとつき合わせをサービスでもってきてくれましたビール
(私は遅いとか一言も言ってないんですよ。普通にのんびりまったりしてたら係りの方がお詫びと言って持ってきてくれたので、ありがたくお礼を言っていただきました)

以上、今宵の晩餐 珠玉の利尻海宝会席をお腹一杯いただいた私は部屋に戻り早々に高齢の・・・じゃない!!あせあせ(飛び散る汗)恒例の早寝選手権に挑み?今夜も記録的な早さで夢の世界へ眠い(睡眠)


2日目の様子はここをクリック!
posted by サトシ at 00:00| ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | ツーレポ2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする