2015年05月09日

日帰り350キロはプチドライブ♪

本日の『ピッピの北海道ぶらり旅』は桜リベンジ&登別温泉の旅!

DSC00698 - コピー.JPG
スタートは恵庭の道の駅駐車場

道の駅に来ての『ぶらり旅』のお目当てといえば・・・

DSC00699 - コピー.JPGDSC00700 - コピー.JPG
スタンプ&焼き立てパンexclamation×2

さらに、ここ「花ロードえにわ」には忘れてはならない場所が・・・

DSC00701 - コピー.JPG
それがここ『新鮮ひろば かのな』exclamation
低価格な地元を初めてする道内産野菜がいっぱいぴかぴか(新しい)
とはいえ、この時期はまだ北海道産の野菜の種類は限られていて、お値段も少々高めあせあせ(飛び散る汗)(スーパーなんかで買うよりはずっとお得ですけどね。)


恵庭の道の駅を堪能した後は・・・

DSC00702 - コピー.JPG
牧歌的exclamation&questionな風景を横目にお気に入りの恵庭公園線を快走 

DSC00703 - コピー.JPGDSC00704 - コピー.JPG
満開の時期になかなか来れないお気に入りスポット『桜公園』に到着
今年こそは!と思っていたのですが、例年にない開花の早さに満開の時期を今年も逃した~もうやだ〜(悲しい顔)

気を取り直して・・・

DSC00706 - コピー.JPG
好天に恵まれた支笏湖線から登別温泉を目指しての第2スタート車(セダン)

DSC00708 - コピー.JPGDSC00709 - コピー.JPG

写真では分かりづらいのですが・・・・

DSC00712 - コピー.JPG
春紅葉を湖面に映す支笏湖を眺めての快適ドライブ車(セダン)

春紅葉:秋に気温が急激に下がることによって葉が色付く紅葉とは異なり、春の短い新緑時期にだけ起きる自然現象。光合成が本格化するまでは葉緑素が十分でないため、緑色がまだ薄く、木が持つ元来の色素(赤や黄)が見えてしまう現象のことで、新緑の中に赤や黄色に色づいた木々が混じり合った情景を「春紅葉」と呼びます。

支笏湖線で春紅葉を楽しませてもらった後は・・・

DSC00717 - コピー.JPG
大滝の道の駅にて小休止駐車場

大滝の道の駅と言えば・・・

DSC00718 - コピー.JPG
名物exclamation&questionはこの『一億円のトイレ』exclamation
なのですが・・・
その昔は、北海道の道の駅ランキング第2位と言われていた場所なのですが、今は、隣に建っている「きのこ王国」に人気を奪われ、かなり衰退化してしまった様子です目あせあせ(飛び散る汗)

さて、そんな哀愁ただよう?大滝の道の駅を後にし、今日のランチ場所へと向かいますダッシュ(走り出すさま)

DSC00720 - コピー.JPG
やってきたのは白老町虎杖浜にある『山本養鱒場』さんexclamation
バイク仲間に教えられツーリングの時など時折訪れていたお気に入りのお店の1つぴかぴか(新しい)

DSC00725 - コピー.JPGDSC00724 - コピー.JPG
クッタラ湖のきれいな水で育った虹鱒料理が最高ですexclamation
他の河川からの流入や流出がほとんどないクッタラ湖。
摩周湖に次いで全国で2位の透明度を誇り、水質日本一になったことも
ぴかぴか(新しい)
そんな国内トップクラスの透明度を誇るクッタラ湖の良質な湧き水を利用し、恵まれた水量でのびのび育った虹鱒は美味しいですよ~

しかも嬉しいことに・・・

DSC00721 - コピー.JPG
あら汁が鍋で提供されまするんるん
リーズナブルで美味しくて今回もお腹いっぱいになりました(*´3`)-зゲップ

お腹いっぱいになった後は・・・

DSC00726 - コピー.JPG
本日の『ぶらり旅』最後の目的地exclamation登別温泉にやってきましたいい気分(温泉) 
今回利用するのは以前に1度だけ来たことがある『夢元 さぎり湯』

g-0[1].jpg
夢元 さぎり湯は登別温泉にある源泉掛け流しの日帰り温泉銭湯
個人的には登別温泉では料金・泉質ともにここが1番お気に入りですわーい(嬉しい顔)

のんびり温泉を楽しんだ後は今日ものんびりと帰路へ家  
今日の『ピッピの北海道ぶらり旅』の走行距離は約350キロ!
出会った頃はニセコまでのドライブも遠く感じていたハニーですが、今やこれくらいの距離はロングドライブには入らない距離となったそうです
手(チョキ)