2018年09月23日

遅ればせながらの夏休みin道東4泊5日(^^♪ 2日目

DSC01000.JPG
道東の旅2日目の朝、今日も青空スタート

DSC01002.JPG DSC01001.JPG
私としては控えめヘルシー!?な朝食(写真左)です
この旅で覚えた格言!?『腹も身の内、腹八分目』(笑)

チェックアウト後は・・・

DSC01004.JPG DSC01005.JPG
おんねゆ温泉の道の駅名物!?ハト時計塔を見に来ました
ハト(我が家では『ラドン』と呼んでいるのですが)が出る時間にはちょっと早かった(~_~;)

DSC01009.JPG
ラドンとの再会はまたの機会にとして秋晴れの空の下、知床を目指します 💨

独身時代は秋の恒例行事としてバイクで知床に向かい、最後に知床に来たのはハニーと結婚前に来た7年前。

DSC01010.JPG DSC01011.JPG
               7年ぶりの知床入りです
DSC01014.JPG DSC01015.JPG

DSC01017.JPG
今日のランチは独身時代から知床の定宿としてお世話になっていたボンズホームさん
喫茶レストランでは知床でしか味わえない栗じゃが芋メニュー等が美味しくいただけます。

DSC01019.JPG DSC01020.JPG DSC01018.JPG
「ボンズホーム」の栗じゃがいもは、無化学農薬・無化学肥料で栽培されたメークインを半年ほど寝かせて熟成させたもの。一般のじゃがいもに比べて味が濃く、栗のように甘みが強いのが特徴です。
7日間煮込んだカレーは化学調味料を使わない人気の一品で、栗じゃがいもがとけ込んでいるため独特のコクとなめらかさがあります。


本当はデザートもボンズホームさんでいただく予定だったのですが・・・

DSC01021.JPG
来る途中に立ち寄った道の駅 うとろシリエトク の『こけももソフトクリーム』がどうしても食べたいというハニーリクエストにて今日2度目の道の駅 うとろシリエトク です

さて、デザートタイムの後は今回の旅のメインスポットへ向かいますよ 💨

DSC01054.JPG
7年前には大混雑で駐車場にすら入れなかった知床五湖。今年はリベンジ成功

DSC01022.JPG DSC01069.JPG
植生保護期の今時期は立入に際し、知床五湖フィールドハウスにて立入認定申請の申請書に所定事項を記入しレクチャーを受け立入認定書をもらいます

DSC01023.JPG DSC01024.JPG
認定書をもらい、いざ!五湖の散策へ 
地上遊歩道に一歩踏み入れた瞬間、そこはもうヒグマの生息エリア。
遊歩道上に熊がいることも珍しいことではないそうです。((゚Д゚;))ガタガタ

DSC01027.JPG DSC01025.JPG
五湖
DSC01029.JPG DSC01030.JPG
四湖
DSC01031.JPG DSC01037.JPG
三湖
DSC01047.JPG DSC01043.JPG
二湖
DSC01052.JPG DSC01053.JPG
一湖
DSC01057.JPG DSC01064.JPG
ゴール目前の高架木道に到着〜

DSC01066.JPG

5つの湖を野生の息吹を感じながら散策する一周約3キロの周遊コースは知床連山を湖面に写しながら静寂を保っている空間を直接肌に感じることができるまさに世界自然遺産「知床」でした

知床五湖を満喫した後は、今日のお宿へと向かいます 💨
いかにも山親父がでてきそうな1本道を走っていると、人だかりができている箇所が!
尋ねてみると・・・・


4[1].jpg
山親父(ヒグマ)が木陰でお食事中とのこと

そんな山道の先に建っているのが・・・

DSC01070.JPG
知床世界自然遺産内の宿『ホテル地の涯(はて)』
秋晴れの夜、さぞ星空が綺麗だろうと夜の散歩などするとかなりの高確率で熊に会うそうなので普通の人は大人しく宿で過ごすことをお勧めします。

DSC01071.JPG _1DSC01072.jpg
宿の電気は自家発電、携帯も圏外。(auはつながるそうです。)

2[1].jpg
ホテルの源泉は自然湧出61℃と熱いため川の水にて加水していますが、すべて掛け流しです

地の涯の名が示すとおりの立地環境ですが・・・・

DSC01075.JPG DSC01073.JPG DSC01074.JPG
接客や料理はとても良いお宿で機会があればまた来たいお宿でした


3日目の記事はここをクリック!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]