2020年01月18日

少しだけ安堵

DSC01730-951fb[1].jpg DSC01733[1].jpg
今年の4月で我が家を離れることになったアレックス
14年間たいせつに乗って走った27万キロ 
この年数と走行距離はよき思い出の数字であると同時に車業界一般では下取り価値が0(ゼロ)
トヨタやマツダでは無料引取で抹消登録費用サービス
買取業者でも1万程度の買取価格
どちらにせよ買取後は分解されパーツ販売となってしまう可能性が大
まだまだ走れるのに・・・だれか私の代わりに走らせてくれる人は・・と探しましたが・・・現れず


そんな今日・・・

長年知り合いであるガソリンスタンドの店長さんから、
『本社に確認してからになる話なんだけど、うちで買取後に社用車として使わせてもらっていいだろうか?』
との嬉しいお話しが。

購入時からずっと私の車を見てきた店長は、
『こんな外装も内装も、そしてメカニック的にも全然いけている車をパーツ販売するのはもったいない』
とのお言葉。

パーツ販売ではなく、まだ現役としてアレックスが走る事ができるのは本当に嬉しいことなんです。

これで少しだけアレックスを手放す気持ちが楽になりました。
posted by サトシ at 13:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]